チャットレディの扶養控除について

今回のお話は旦那さんの扶養に入っている主婦の方や、ご両親の扶養に入っている学生の方がチャットレディをしている場合に知っておいてほしいお金の話です。
扶養と言うのは、簡単に言うと収入の無い(低い)方が、収入があり、税金や保険料を支払っている方と同じように社会保障(保険や年金など)を受けれるように、収入のある方の扶養家族だと申請することで、税金などを払わなくても(収入のある方が代わりに払っていることにする)保険証が使えたり、年金が受け取れるようにする制度です。
この扶養制度を受けるためには収入が低いことが条件として挙げられていているのですが、この金額には2種類あります。

  1. 納税(確定申告)に関する扶養控除の限度額:38万円/年
  2. 社会保険に関する扶養控除の限度額:130万円/年

①の納税に関する扶養控除と言うのは、あなたがチャットレディとして年間38万円以上の「所得」があると、納税の義務が発生しますよと言うものです。
パートや派遣などで働いたことがある人は、「あれ?103万円じゃないの」と思われたかもしれませんが、それはお給料として受け取っている場合の話。
お給料をもらって働く場合は「基礎控除」というものを受けられて、お給料から決まった金額をあらかじめ引いていい事になっています。
それが65万円/年あるので、38万円と65万円を足して、103万円までは税金がかからないと言われているんですね。

チャットレディの場合は、給与ではなく報酬となり、基礎控除が受けられませんので、年間38万円となってしまいます。
ただし、この問題を解決するための方法というか対策が2つあります。

1つは、「税金や経費のお話し」で詳しくお話ししていますが、チャットレディとして活動するに当たり必要なモノを買ったお金を必要経費としてチャットレディの報酬から控除できるという事です。
つまり「報酬 – チャットレディにかかった経費」が38万円/年になるようにすれば扶養控除を受けられるという事です。

もう1つは青色申告をすることです。
チャットレディとしての収入を税務署に申告するには確定申告をするのですが、(確定申告についても「税金や経費のお話し」をご参照ください。
これには白色申告と青色申告があります。

細かい事は税務署に問い合せるか税務署のHPなどでご確認頂きたいのですが、簡単にいうと白色申告は簡易申請、青色申告は詳細な申請と理解してください。
この青色申請をすると、青色申告特別控除というものが受けられ、これが65万円/年ですので、給与の場合の基礎控除と同額の控除が受けられます。
青色申告は事前に税務署に「青色申告しますよ」という届出が必要ですので、(個人事業主としての届け出も必要)ちょっと敷居が高いと感じるかもしれませんが、書類を書いて出すだけなので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

次の②については、社会保険(保険・年金)にかかる費用の扶養控除が受けられるかどうかという所得のリミットは130万円/年ということです。
この130万円というのは見込み収入なので、例えば1ヵ月で20万円とか稼ぐと当然年間で130万円は超えるだろうという推測が出来るので、扶養控除は受けられなくなります。
①の38万円というのが1月~12月までの実所得から算出されるのとはちょっと違うので注意が必要ですね。
また、この130万円は経費の控除ができないので、受け取ったチャットレディの報酬そのものの額となりますので覚えておきましょう。
扶養を外れずに稼げる額って思いのほか少ないので、上手くチャットレディをする時間を調整して、扶養内に収めるようにしてくださいね。

コメントを残す

このページの先頭へ